KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

 本日、人文学のノーベル賞ともいうべきKluge Prizeの2006年度受賞者である余英時プリンストン大学名誉教授をはじめ、台湾中央研究院、上海復旦大学、北京外国語大学、華中師範大学、香港城市大学、シンガポール国立大学、韓国外国語大学校、ローマ大学、エアランゲン大学、東京大学、京都大学、大阪大学および二松学舎大学のご来賓の皆様をお迎えして関西大学文化交渉学教育研究拠点の開所式を挙行できることは誠に光栄でございます。関西大学は内藤湖南文庫・増田渉文庫など近代日中文化交渉史に大きな足跡を残した人物のコレクションを有するだけでなく、1986年度日本学士院賞を受賞された故大庭脩教授の『江戸時代における中国文化受容の研究』など優れた研究実績を多く積んでおります。このような豊富な研究リソースを生かし、また内外の研究機関と緊密に連携して努力すれば、本拠点は必ずや文化交渉学の探求と若手研究者の育成という両面において成功を収めることができるだろうと思います。(第1回国際シンポジウムの挨拶より)